毎日そこにあってもいい。心に届くコピーと、デザイナーとのコラボレーションが生み出す、たった1枚のコミュニケーション。